さくらの家|岐阜県飛騨市、高山市の注文住宅 ローコスト住宅専門

 
イベント情報
モデルハウス見学会
お問合せ

断熱材の種類|2019年6月18日

こんにちは!
高山市・飛騨市で新築住宅を手掛けている
さくらの家 竹川です。
 
いつもご覧頂きありがとうございます。今日はさくらの家で仕様している断熱材についてです!(^^)!
 

まず断熱とはなんでしょう?

断熱とは熱が伝導や対流、放射による伝わるのを防ぐことをいい、

断熱材とは熱を伝えないように作られた材料のことをいいます。

家づくりに欠かせない断熱材には次のような役割があります。

・外からの暑さ・寒さを遮る
・室内を一定温度に保つ

つまり、断熱材は夏は涼しく、冬は暖かい快適な家づくりを可能にするアイテムなのです。

最も広く利用されている断熱材は、対流を起こさないように気体の小泡を多量に持つもので、

一般的に熱伝導率が0.1W/(m・k)より小さいものを利用しています。

身近なものでは、クーラーボックスや羽毛布団、建物の床や壁、

スペースシャトルやロケットの外壁などにも使われています。

現代の生活には、断熱材は無くてはならない存在です。

 

断熱材の種類は3つ

断熱材は大きく分けて「繊維系断熱材」「発泡プラスチック系断熱材」「天然素材系断熱材」の3つに分類されます。

繊維系断熱材

ガラスを繊維状にしたもので、繊維の隙間に空気を閉じ込めた断熱材です。

  【例】グラスウール、ロックウール、セルロースファイバー など

「グラスウール写...」の画像検索結果

発泡プラスチック系断熱材

プラスチックを発泡させ、細かい気泡の中に空気を閉じ込めた断熱材です。
高性能品の中には断熱性の高いガスを閉じ込めたものもあります。

          【例】押出発砲ポリスチレン、ウレタンフォーム、フェノールフォーム など

「吹き付け断熱写...」の画像検索結果

天然素材系断熱材

無添加で自然素材を利用している断熱材です。環境に優しいですが高価になります。

【例】羊毛や炭化コルク など

「羊毛断熱写真」の画像検索結果

このようにたくさん断熱材がありますが、

さくらの家ではフェノールフォームという断熱材を使用しています。

それでは次回はフェノールフォームについて説明いたします!(^^)!

さくらの家|岐阜県飛騨市、高山市の注文住宅 ローコスト住宅専門
予約特典あり!イベント予約